2005年05月20日

しっかりしないと

最近あんまり狩りもしてないです。

ROに入る→溜まり場に座る→課題をする→たまにしゃべる→12時前消灯(・ε・

それでも少しは狩りしてるんですけどね、WIZ今週で30%あがらないかも…。

ちょっとCのADでの狩り方でも、まったり狩りたい人にはおすすめできません(・w・)




CのADは敵が少なく、スキルで急死な危険があるところです。

ただスキル以外は弱く、すべてSGで簡単に処理できるので狩り易く人がいなければオーラWIZプリペアで3Mくらいでることもあるおいしい狩場です(´¬`)

LV90くらいでも2.5Mくらいはでると思います。

お互い+7くらいの装備を想定して、WIZはINT126 ぷりはVIT型でしたけどそんなに長くトレインするわけでもないんですよね。

大体2〜3体引っ張ってサフラSG、一体は確実にリカバあたりで割ってもう一体は叩いて割れたら割るくらいでだいじょぶだと思います(*^ー゚)b

主に割る必要があるアムムトとガジョマートは、数の少ない方を割ります。

種類を統一させれば割れるタイミングにSGをあわせやすいですから(´¬`)

あとはJTで倒せそうならJT、割れる前に倒せないならタイミング合わせてSGですね。

1〜2体の氷像が残るときはガジョを割ることを優先すればその後のJTがしやすくていいですね。

氷像があまりに多くなければWIZが処理してる間にプリは先に、多ければ支援などかけて様子を見ます。

1体ならサフラもせずに先に行っても大体間に合うと思います、他することなければサフラしますけどね(・w・)

WIZ側は後ろから沸いたアムムトなど引っ張らないように、その辺はペースをあわせるのかな…。

トレインしてるときはプリの進行速度が一定になってしまいますので、そのときにキリエやマニピを。

偽ヤファなんかは一回LA入れておいたほうが確実でいいかも。

緊急回避にSG3を使うと次のSG10 3HITで大体倒せていい感じです。


これくらいかなぁ、

私はこんな感じのルートで回ってます。

CのAD.jpg

明るい紫のラインがメインで、暗い色の紫のラインは近く通るときに敵がいることを確認してから通ります。

見づらかったらゴメンナサイ ノフ○

理想として一番したい流れは、

プリが集めてSG、WIZが残り処理してる間にプリが集めて追いついたらSGの繰り返し。

プリが長い間敵に捕まってたり(その間プリはなにもしてないことに)、WIZが長い間後ろを歩く(その間WIZはなにもしてないことに)状況になったら失敗です(ぇ

思いっきり作業ですけどね(=・x・=) 

でもこれ結構難しいんですよ(・w・)完璧にはできませんけど綺麗に合うと楽しいです。

有る程度の信頼関係が必要になりますけどね…。

効率を求めている人はやってみてはどうでしょうか。



ただこれは人がまったくいないときで、人がいるともともと敵が少ないのでかなり下がります、

そういう時もあまり長くトレインするより2体くらいで倒していった方が効率よかったりします(´¬`)

ルートも敵のいるところ優先にします。

2.5Mでれてば+Gvキャラ入れて共闘入れるだけで2M越えるので、ニヨルド狩りみたいに大量トレインするよりいいかもしれないですね。


posted by 流沙 at 11:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 流沙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近全くプリで狩りしてませんが参考にさせてもらいます(`・ω・´)
Posted by 青い何か at 2005年05月21日 03:46
同じく参考にします(´・ω・`)
自分がやる場合常に牽引役なので
別PTがどの辺にいてどっち向きに進んでいるのか
どの辺が沸いてるのかとハエで飛びながらチェックして出来るだけ絶え間なく連れて行ってます

ルートとかあるならそれを考慮すればもっといけるかも・・・?
ちょっと考えてみます
Posted by むほ at 2005年05月21日 05:32
参考になったらうれしいですヽ(゚▽、゚)ノ

ルートは一応他に誰もいないときのものです。
プリだとあんまり大量にいても困るので、一箇所にためないように万遍なく周るルートならいいと思います。

人がいたら別PTの動きを見ながらルート関係なく敵がたまってそうな所へ行きますねぇ。

ペア+牽引PTも考えてみようかな…。
Posted by 流沙 at 2005年05月21日 07:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。